高塚かず子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高塚 かず子(たかつか かずこ、1946年2月6日[1] - )は、日本詩人島根県生まれ。長崎県大村市在住。活水女子短期大学卒業。

1992年に第9回ラ・メール新人賞1994年に詩集『生きる水』で第44回H氏賞を受賞。2003年長崎原爆平和祈念「詩の夕べ」に参加。2006年4月から2010年3月まで長崎県教育委員会委員を務めた。

著作[編集]

詩集[編集]

  • 存在以前(1965年、私家版)
  • 生きる水(1993年、思潮社
  • 天の水(1998年、思潮社)
  • 水の旅(2011年、思潮社)

作詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.455