騎士の盃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
騎士の盃
The Cavalier's Cup
著者 カーター・ディクスン
発行日 1953年
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
前作 Behind the Crimson Blind
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

騎士の盃』(きしのさかずき The Cavalier's Cup )は、1953年に発表されたカーター・ディクスン(ディクスン・カー)名義の長編推理小説ヘンリー・メリヴェール卿もの最後の長編である。

あらすじ[編集]

戸締まりをし見張りもいる部屋の、鍵のかかった金庫の中に入れた財宝「騎士の盃」。この警備の厳重な部屋の中に入って盃を持ち出した者がいた。持ち主の妻・ブレイス卿夫人は、夫が夢遊病にかかり、知らずにやったのではないかと警察に相談する。 夫人の訴えと上層部からの圧力で、マスターズ警部はH・M卿を伴い夫妻の邸宅で捜査を開始する。

主な登場人物[編集]

  • ブレイス卿 - 高価な財宝『騎士の盃』の所有者。夢遊病を疑われている。
  • ジニー - ブレイス卿夫人。小柄なアメリカ人で、事件の依頼人。
  • マスターズ警部 - 「騎士の盃」消失には、全く興が乗らなかったが、警察上層から電話がかかり、仕方なく捜査に赴く。
  • ヘンリー・メリヴェール卿 - 主人公の名探偵。本作が最後の登場となる[1]

提示される謎[編集]

  • 不可能犯罪(部屋・見張り・金庫の「三重の密室」状態からの財宝の消失)

特記事項[編集]

  • 冒頭で、自動車を自ら運転する若い女性の描写がある[2]
  • 作中で、H・M卿はさかんに歌の練習をしている。

書誌情報[編集]

  • 『騎士の盃』島田 三蔵・訳 早川書房(HPB536 1982年)
  • 『騎士の盃』島田 三蔵・訳 早川書房(ハヤカワ・ミステリ文庫 6-10 2004年再版)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本作以降もカー(ディクスン)は長編推理小説を発表するが、ヘンリー・メリヴェール卿が登場する作品はない。
  2. ^ 『騎士の盃』(早川書房)解説では「1960年における英国の自動車普及率は、7.3人/台(demographic yearbook 1969)で日本の5倍以上」