駒形神社 (佐久市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駒形神社
本殿覆屋
本殿覆屋
所在地 長野県佐久市塚原
位置 北緯36度16分9.69秒
東経138度25分54.25秒
主祭神 騎乗の男女二神像
創建 室町時代
本殿の様式 一間社流造
テンプレートを表示

駒形神社(こまがたじんじゃ)は、長野県佐久市塚原字新城にある神社。下塚原地区から塩名田への崖に面して存在し、社殿は重要文化財に指定されている。宇気母智命(うけもちのみこと)を祀り、文明十八年(1486年佐久郡耳取城城主・大井政継が再興したと伝わる。

付近は道本城に拠った根井氏の領するところで、中世には広大な台地を利用して牧場が営まれた。古く馬の産地であり、「駒形神人」との関係が示唆されている。

一説に、ここには中世の城郭があり、現在「駒形城」と呼ばれている。

祭神[編集]

所在地[編集]

  • 長野県佐久市塚原字新城

関連項目[編集]

外部リンク[編集]