駒井政五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
駒井政五郎
時代 江戸時代後期 - 明治時代前期
生誕 天保12年(1841年
死没 明治2年4月23日1869年6月3日
改名 駒井忠仲

駒井政五郎(こまい まさごろう)は、幕末長州藩士。

江戸時代の長州藩士・吉田松陰松下村塾に学ぶ。文久3年(1863年)に海防大砲掛、慶応3年(1867年)、鋭武隊総督に就任。戊辰戦争には征討軍の軍監を務める。奥羽、函館方面を転戦し、二股口の戦い土方歳三率いる衝鋒隊伝習歩兵隊約300人と戦ったが乱戦の末、胸に銃弾を受け戦死した。