馬場克三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬場克三
生誕 1905年3月14日
死没 (1991-10-29) 1991年10月29日(86歳没)
研究分野 経営学会計学保険学
テンプレートを表示

馬場 克三(ばば かつぞう、1905年3月14日 - 1991年10月29日[1])は、日本経営学者会計学者九州大学名誉教授。

来歴・業績[編集]

滋賀県彦根市出身。1926年彦根高等商業学校(現滋賀大学経済学部)卒業。1931年九州帝国大学(現九州大学)法文学部経済科卒業。卒業後も同大学に残り、助手、助教授等を経て、1945年教授昇任。1968年に退官後は西南学院大学広島修道大学等でも教鞭を執った。1966年藍綬褒章受章、1976年勲二等瑞宝章受章[1]1991年没。

『減価償却論』、『株式会社金融論』、『経営経済学』は名著として名高い。中西寅雄の個別資本説を独自に発展させた。(馬場5段階規定や経営者の意識)また会計学の分野においても多くの著作を残している。近代株式会社金融論において、資本論やマルクス信用理論に対する深い理解(ルドルフ・ヒルファーディングの金融資本論や大塚久雄の株式会社発生史論など)を基に独自の理論構築を行った。経営財務論に関していうと、その主張について、有名なローマン・ルフチ効果の代わりに馬場克三効果と呼ぶべきという学者もいた。九州大学在籍中に多くの学者(別府正十郎三戸公など)を育てた。

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.476

関連項目[編集]

外部リンク[編集]