飯降山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯降山
標高 884.3 m
所在地 日本の旗 日本
福井県福井市大野市
位置 北緯35度58分00.9秒 東経136度27分25.9秒 / 北緯35.966917度 東経136.457194度 / 35.966917; 136.457194座標: 北緯35度58分00.9秒 東経136度27分25.9秒 / 北緯35.966917度 東経136.457194度 / 35.966917; 136.457194
飯降山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

飯降山(いふりやま)は、福井県福井市大野市との境にある山である。

概要[編集]

標高884.3メートルで福井市としては最高峰の山である。近隣の山は荒島岳(1523メートル)。越前大野の町割りの山あての山であり、地元では五穀豊穣、治療の神の山と昔から言われ、通称は御岳さん(おたけさん)、6月には松明を持っての参詣登山の行事がある[1]

越前大野の地図や都市図によると、篠座神社の参道の延長は飯降山の頂上になっている。篠座神社は大己貴命を祀る神社で、神苑霊水は眼の病を治すと伝えられている。この利益話は奈良の三輪山の御神体と同じで、飯降山の頂上の杉は大黒天の神木である。[要出典]

名前の由来[編集]

泰澄大師が、この山にいたときに、飯が天から降ってきたと伝えられる縁起からだという[2]

別の話としては、昔この山で三人の尼が修行をしていたところ、毎日飯が降ってくるようになったが、いつの日かこの飯を一人で食べようと考えるようになり、次々と他の二人を深い谷に突き落としたら飯が降らなくなってしまったという伝説から来ている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 大野市観光振興課飯降山たいまつ登山
  2. ^ 中日新聞・里山の風景112
  3. ^ 『定本柳田國男集 第27巻』筑摩書房、1971年。

飯降山を題材にした作品[編集]

外部リンク[編集]