飯綱高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大座法師池と飯縄山
地図

飯綱高原または飯縄高原(いいづなこうげん)は、長野県長野市にある、飯縄山麓に広がる高原地帯。主として飯縄山の南西から南東にかけての標高1000メートル前後の範囲を指す。

歴史[編集]

戸隠山への修験道の一部を成したほか、一の鳥居は戸隠神社の最初の鳥居であり、辺り一帯には宿坊が多く並んでいた。観光地として開発されたのは昭和30年代以降であり、1964年の戸隠バードライン開通後は休養地として注目されるようになり、別荘地としても開発された。

概要[編集]

スキー場スケート場飯縄湖)、キャンプ場ハイキングコース、ゴルフ場などがある。長野オリンピックフリースタイルスキーボブスレーリュージュの会場となった。また高地にあるため、電力会社やNTT無線中継所なども存在する。

そのほか高原東部にある霊仙寺湖周辺には温泉施設などもある。

観光スポット[編集]

交通[編集]

長野市内から戸隠バードライン浅川ループラインを使い約30分。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度43分25.5秒 東経138度8分56.86秒