飯泉健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯泉 健二
基本情報
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1967-01-27) 1967年1月27日(54歳)
出身地 日本の旗 日本
埼玉県春日部市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 20
KO勝ち 17
敗け 3
テンプレートを表示

飯泉 健二(いいずみ けんじ、1967年1月27日 - )は、日本の元プロボクサー埼玉県春日部市出身。日本人初のIBFアジアライト級王者。

来歴[編集]

足利学園高等学校1年で中退し1984年4月15日、デビュー戦で蛯原誠二に1R50秒KO勝ちを収めた。

1989年3月13日、文成煥(韓国)に6R26秒KO勝ちするも網膜剥離と診断され獨協医科大学越谷病院にて手術を受け成功するも引退を勧告される(この後、9年間リングから遠ざかる)。IBF参戦を表明後に有沢ジムから出入り禁止を通告され金平正紀の理解を得て協栄ジムでビジター練習。

1998年1月16日、大阪府立体育会館でのIBF日本の興行で復帰。スラヤ・ケラン(インドネシア)に2R50秒TKO勝ちしIBFアジアライト級王座を獲得。試合後に引退を表明した。

戦績[編集]

  • アマチュア: 1戦 1勝 1RSC
  • プロ: 23戦 20勝 17KO 3敗(生涯戦績)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1984年4月15日 勝利 1R 0:50 KO 蛯原誠二 日本 プロデビュー戦
2 1984年6月18日 4R 判定 菊地忠浩 日本 -
3 1984年7月31日 勝利 3R 1:48 KO 鏑木透 日本 -
4 1984年9月30日 勝利 1R 2:13 KO 斎藤一馬 日本 -
5 1984年12月4日 勝利 1R 1:58 KO 阿野敏充 日本 -
6 1985年1月10日 勝利 6R 判定 小山公男 日本 -
7 1985年4月25日 勝利 4R 2:04 KO 菊地忠浩 日本 -
8 1985年7月7日 勝利 2R 2:19 KO 菊地光次郎 日本 -
9 1985年12月5日 勝利 6R 2:41 KO ブルース京田 日本 -
10 1986年4月3日 勝利 7R 1:52 KO マーク堀越 日本 -
11 1986年5月22日 勝利 1R 2:56 KO 小森孝 日本 -
12 1986年7月23日 勝利 6R 判定 嵐一雄 日本 -
13 1986年10月23日 勝利 7R 1:24 KO 高城正宏 日本 KSD杯A級トーナメント・フェザー級優勝
14 1987年1月12日 3R 2:57 KO 杉谷満 日本 日本フェザー級タイトル挑戦・失敗
15 1987年5月20日 勝利 2R 1:37 KO 上垣善照 日本 -
16 1987年8月27日 勝利 6R 判定 佐野勝治 日本 -
17 1987年10月22日 勝利 7R 2:45 KO 荻原昇 日本 KSD杯A級トーナメント・フェザー級優勝
18 1988年2月15日 10R 判定 杉谷満 日本 日本フェザー級タイトル挑戦・失敗
19 1988年4月25日 勝利 1R終了時 TKO フランシスコ・ヒメネス メキシコ -
20 1988年10月21日 勝利 1R 2:47 KO 北郷秀光 日本 -
21 1988年12月12日 勝利 2R 2:24 KO ルンデット・タナコーン タイ -
22 1989年3月13日 勝利 6R 0:26 KO 文成煥 韓国 -
23 1998年1月16日 勝利 2R 0:50 TKO スラヤ・ケラン インドネシア IBFアジアライト級王座獲得
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • A級ボクサー賞金トーナメント優勝
  • IBFアジアライト級王座

関連項目[編集]