杉谷満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉谷 満
基本情報
本名 杉谷 満
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1964-03-15) 1964年3月15日(53歳)
出身地 日本の旗 日本
北海道茅部郡南茅部町(現・函館市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 28
KO勝ち 21
敗け 5
テンプレートを表示

杉谷 満(すぎや みつる、1964年3月15日 - )は、日本の元プロボクサー北海道茅部郡南茅部町(現・函館市)出身。現役時代は協栄ボクシングジム所属。階級はフェザー級。元日本フェザー級王者。

略歴[編集]

1981年4月21日、高橋忠治を1回KOで沈めデビューを飾る。

その年の東日本新人王を獲得するが、全日本新人王決定戦で後の世界王者六車卓也に判定負け。

1986年2月25日チバ・アルレドンドが持つ日本フェザー級王座に挑戦し、8回KOで王座奪取に成功。

8月24日来馬英二郎に7回KO負けで2度目の防衛に失敗するも、ノンタイトルでKO勝利後、1987年1月12日飯泉健二との同王座決定戦を3回KOで制して王座返り咲き。

王座1度防衛した後の6月22日、ライオン・アリとのノンタイトルで判定負けを喫して王座剥奪。

8月17日に神出康生との王座決定戦で6回TKO勝利を収めて2度目の王座返り咲き。

日本王座を5度防衛した後、1989年1月12日に返上。

3月26日、WBA世界フェザー級1位の指名挑戦者として世界王座に初挑戦。川崎市体育館WBA世界フェザー級王者アントニオ・エスパラゴサ(ベネズエラ)に挑むが、10回KO負けで王座獲得ならず。

7月17日、再起戦として臨んだ植田龍太郎戦で7回KO負けを喫して引退

その後、トレーナーに転じて元同門・具志堅用高が立ち上げた白井・具志堅スポーツジムの初代チーフトレーナーとなり、後に元担任トレーナー福田洋二が会長を務めるF・Iジムトレーナーを務めた。

家族[編集]

兄である杉谷実も協栄ジムの元プロボクサーで日本ジュニアウェルター級王座を獲得し、史上3組目の兄弟日本王者となった。

2人の息子は野球選手であり[1]、次男である杉谷拳士北海道日本ハムファイターズ所属のプロ野球選手[2]

戦績[編集]

  • 33戦28勝21KO5敗

タイトル[編集]

  • 東日本フェザー級新人王
  • 日本フェザー級王座

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]