飯島一孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
飯島一孝
生誕飯島一孝(いいじま かずたか)
1948年 
日本の旗 長野県 長野市
教育東京外国語大学ロシア語科卒業
職業ジャーナリスト、ロシア東欧評論家
代表経歴『新生ロシアの素顔』(1997年)
『六本木の赤ひげ』(2003年)
『ロシアのマスメディアと権力』(2008年)
肩書きジャーナリスト

飯島 一孝(いいじま かずたか、1948年 - )は日本のジャーナリスト外交評論家、元日本財団職員、元毎日新聞モスクワ支局長。

旧ソ連東欧政治経済社会を研究。

長野県長野市出身。

年表[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『青春の小原台―防大1期の30年』(毎日新聞社、1986年)(ISBN 4620305219)
  • 『「毎日」の3世紀(下巻)』(毎日新聞社、2002年)<このうち「第8章、昭和から平成へ」の中の「冷戦終結とソ連崩壊」の項を執筆>

論文[編集]

  • 『消費ブームのモスクワを行く』(エコノミスト誌、2005年10月18日号)
  • 『ロシア経済底入れ?』(エコノミスト誌、2009年11月10日号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]