食券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

食券(しょっけん)とは、飲食物などの交換を目的として発券される、有価証券の一種である。

概要[編集]

個々の食堂・レストランファーストフードチェーンファミリーレストランなど、主に店頭の自動券売機において発券され、その販売者の元で決められた場所でのみ有効となり、また、有効期限なども任意に決められる。なお、金券形式で発行される場合には「食事券」ともいう。食券を発行することによって、金銭管理の省力化、人員不足の解消、無銭飲食の防止、数量管理の簡素化を図ることができる。

戦争時共産主義諸国など、食料の配給制を実施している場合には、国家の食糧配給部門が個人に対して、必要量とされるないしは割り当てが可能な量を割り当て、それを配給する際に必要な証券として、個々人に支給される。

参照[編集]

関連項目[編集]