飛行機―あるいは彼はいかにして詩を読むようにひとりごとを言ったか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飛行機―あるいは彼はいかにして詩を読むようにひとりごとを言ったか」(ひこうき あるいはかれはいかにしてしをよむようにひとりごとをいったか)は、村上春樹短編小説

概要[編集]

初出 『NADIR』1987年秋号[1]
ユリイカ臨時増刊 総特集村上春樹の世界』1989年6月号 【加筆】
収録書籍 TVピープル』(文藝春秋、1990年1月)

『ユリイカ臨時増刊』掲載時の挿絵は宇野亜喜良

英訳[編集]

タイトル Aeroplane: Or, How He Talked to Himself as If Reciting Poetry[2]
翻訳 ジェイ・ルービン
初出 ザ・ニューヨーカー』2002年7月1日号[3]
収録書籍 Blind Willow, Sleeping Woman』(クノップフ社、2006年7月)

あらすじ[編集]

彼は二十歳になったばかりだった。当時女は彼より七つ歳上で、結婚していて、子供までいた。彼女の夫は旅行会社に勤めていて、月の半分近くは家を留守にしていた。夫はオペラが好きらしく、家にはヴェルディやらプッチーニやらドニゼッティやらリヒャルト・シュトラウスやらの三枚組、四枚組の分厚いレコードが、作曲家別に整理されて並んでいた。

五月の昼下がり、その日もやはり彼女は泣いていた。泣き終わったあと二人は交わい、彼は浴室に行って先にシャワーを浴びた。浴室から戻ると女は彼に訊ねた。「ねえ、あなた昔からひとりごとを言う癖があったの?」

彼は首を振り、ひとりごと言ってるなんて気づきもしなかったと答えた。女はメモ用紙を手に取り、ボールペンを使ってそこに何かを書き始めた。「私、ちゃんと全部そらで覚えているのよ。これが飛行機についてのひとりごと」

彼は声を出してそれを読んでみた。

その少しあとで彼女はまた泣いた。一日に彼女が二度泣くなんて、それが初めてだった。そしてそれが最後だった。

脚注[編集]

  1. ^ 『NADIR』(ナディール)は、1986年4月に創刊された『rag』を前身とするビジュアル雑誌。
  2. ^ 雑誌掲載時のタイトルは "Airplane"
  3. ^ FICTION AIRPLANE BY HARUKI MURAKAMI. July 1, 2002The New Yorker

関連項目[編集]