飛田武幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飛田 武幸(ひだ たけゆき、1927年11月12日 - 2017年12月29日)は、日本の数学者。専門は、確率論関数解析学名古屋大学名誉教授。名城大学名誉教授。

ホワイトノイズ解析の基礎を確立。確率過程論国際学会会長、国際研究発表ジャーナル「Infinite dimensional Analysis, Quantum Probability and Related Topics」の編集長等を務めた。

経歴 [編集]

主な著書、訳書 [編集]

  • 1973 一確率論研究者の回想: 岩波書店
  • 1975 ブラウン運動: 岩波書店
  • 1976 ガウス過程: 紀伊國屋書店
  • 1981 誤差論: 紀伊國屋書店
  • 1994 ゆらぎの科学〈4〉: 森北出版
  • 2001 美しいノイズ・数学を身近かに(高等研選書;13)
  • 2011 確率論の基礎と発展: 共立出版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、617頁。
  2. ^ 中日文化賞:第31回-第40回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月26日閲覧。
  3. ^ 「春の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2007年4月29日朝刊
  4. ^ 飛田武幸氏死去 名古屋大名誉教授 佐賀新聞 2018年1月10日

外部リンク[編集]