額賀辰徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 額賀辰徳 Golf pictogram.svg
Tatsunori Nukaga
基本情報
名前 額賀辰徳
生年月日 (1984-03-28) 1984年3月28日(36歳)
身長 183 cm (6 ft 0 in)
体重 80 kg (176 lb)
出身地 茨城県
経歴
プロ転向 2006年
現在のツアー 日本ツアー
日本ツアー 1勝
受賞
ドライビングディスタンス1位 (2009年, 2010年, 2012年, 2015年, 2018年)
成績
初優勝 三井住友VISA太平洋マスターズ(2018/11/8-11)
テンプレートを表示

額賀 辰徳(ぬかが たつのり、1984年3月28日 - )は、茨城県出身のプロゴルファー。所属はフリー

アマチュア時代[編集]

14歳からゴルフを始める。2003年中央学院大学2年時に朝日杯争奪日本学生ゴルフ選手権を制し、自身初のビッグタイトルを獲得。3年生の2004年には関東アマチュア優勝、日本オープンゴルフ選手権でローアマチュア(アマチュアでの最上位)を獲得、全日本学生ゴルフ王座決定戦でも優勝。4年時にも2005年関東アマチュア選手権連覇を達成。3年、4年時には日本代表に選抜された。

プロ転向後[編集]

大学卒業後の2006年にプロ転向し、同年4月20日のつるやオープンJGTOレギュラーツアーデビュー。しかし、同年は出場5試合に全て予選落ち、2007年は4試合出場で、同年の最終出場となった9月のANAオープンで初の予選通過、賞金25万8000円を獲得した。2008年も出場4試合、予選通過は1試合(賞金126万円)にとどまったが、5月には自身初のメジャー大会となる日本プロゴルフ選手権出場を果たした。レギュラーツアーの出場は主催者推薦などに限られていたため、その間、下部ツアーのチャレンジツアーを主戦場としていた。2008年は4月にPRGR CUPで優勝するなど活躍し、ついにチャレンジツアー賞金ランキング6位となった。これにより、レギュラーツアー出場権を獲得、2009年はフル参戦している。2009年は6月21日まで、全6試合に出場、予選通過も3試合で賞金は225万9000円と成長著しい。

2018年11月の三井住友VISA太平洋マスターズで悲願の初優勝を果たす[1]

賞金[編集]

  • 2006年 ¥ 0(出場5試合、予選通過0試合)
  • 2007年 ¥ 258,000(出場4試合、予選通過1試合)
  • 2008年 ¥ 1,260,000(出場4試合、予選通過1試合)
  • 2009年 ¥17,425,250(出場22試合、予選通過11試合)

生涯獲得賞金 ¥18,943,250(2009年12月7日現在)

ゴルファーとしての特徴[編集]

2019年終了時点で日本男子ツアー史上最多の5回(2009年,2010年,2012年,2015年,2018年)ドライビングディスタンス1位を獲得したドライバーの飛距離が魅力。一方で、フェアウェイキープ率が低く、ティーショットの精度が長年の課題となっている。2018年度の平均ドライビングディスタンスは302.93ヤードだった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]