韓国国立中央図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Library) w.svg 国立中央図書館
National Library of Korea
National Library of Korea logo.svg
施設情報
正式名称 국립중앙도서관
前身 国立図書館
管理運営 大韓民国文化体育観光部
開館 1945年10月15日
所在地 大韓民国 ソウル特別市 瑞草区 盤浦大路201
ISIL KR-011001
統計・組織情報
蔵書数 11,086,672 (2017月7日時点)
館長 パク・ジュファン
公式サイト http://www.nl.go.kr/nl/index.jsp
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示
国立中央図書館
韓国国立中央図書館
各種表記
ハングル 국립중앙도서관
漢字 國立中央圖書館
発音 クンニプチュンアントソグァン
英語表記: National Library of Korea
テンプレートを表示

韓国国立中央図書館(かんこくこくりつちゅうおうとしょかん)は、大韓民国国立図書館である。ソウル市瑞草区盤浦洞に所在する。

概要[編集]

デジタル図書館メインフロア

現在の図書館沿革では1945年10月15日をその起点としているが、朝鮮総督府図書館の蔵書を継承している。2008年8月末現在、収蔵資料は約690万点。韓国最大規模の図書館である。古文献や、修士以上の学位論文、また特殊資料として北朝鮮で発行された文献も収蔵されている。

収蔵資料のうち、初期の金属活字(癸未字)で印刷された十七史纂古今通要(1402年刊行)が国宝第148号に指定されている。このほか文化財指定されているものとして、釈譜詳節(1447年刊行、宝物第523-1号)・東医宝鑑(1613年刊行、宝物第1085号)などの書籍朝露通商条約(1885年、ソウル市有形文化財第108号)・朝英通商条約(1885年、ソウル市有形文化財第109号)などの外交文書がある。

行政組織上は文化体育観光部に所属している。韓国におけるISBNISSNの管理を行い、司書教育機関も附設している。

分館として、江南区駅三洞に国立子ども青少年図書館(2006年開館)がある。 また、本館に隣接した国立デジタル図書館が2009年9月に開館し、建物は地上5階、地下3階からなり、延床面積は3万8014平方メートルである。

沿革[編集]

組織[編集]

  • 館長
    • 企画研修部
      • 総務課
      • 企画総括課
      • 司書教育文化課
      • 国際交流広報チーム
    • 資料管理部
      • 資料企画課
      • 主題情報課
      • 政策資料課
    • デジタル資料運営部
      • デジタル総括企画課
      • デジタル情報利用課
      • 情報システム運営チーム
      • デジタル戦略チーム

施設[編集]

地上7階、地下1階建ての本館、地上2階、地下1階の司書研修館、地上2階、地下4階の資料保存館がある。また、北朝鮮関連の資料を集めた北朝鮮資料センターが本館5階にあり、約9万4000件の書籍や定期刊行物、視聴覚資料を保有している。

所属機関[編集]

  • 国立児童青少年図書館
  • 図書館研究所
  • 国立障害者図書館支援センター

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]