静勝寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
静勝寺
Josho-ji (Kita, Tokyo).JPG
山門
所在地 東京都北区赤羽西1-21-17
位置 北緯35度46分33.7秒
東経139度43分8.9秒
座標: 北緯35度46分33.7秒 東経139度43分8.9秒
山号 自得山[1](じとくざん)
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦如来[2]
開山 永正元年(1504年
開基 雲綱[1]
中興年 明暦元年(1655年
中興 太田資宗[1]
正式名 自得山静勝寺
札所等 北豊島三十三ヶ所霊場4番札所
文化財 稲付城跡(東京都指定文化財)
公式HP 静勝寺公式ホームページ
法人番号 9011505000161 ウィキデータを編集
静勝寺の位置(東京都区部内)
静勝寺
テンプレートを表示

静勝寺(じょうしょうじ)は、東京都北区赤羽西1丁目にある曹洞宗の寺院。

歴史[編集]

稲付城[編集]

稲付城跡

当寺院を含め元々当地一帯は稲付城(いねつけじょう)と呼ばれていた城があったところと言われている。[3]一説によると戦国時代太田道灌が築城したと伝わっている。[3](扇谷上杉氏によるとの説もある。ただ、太田道灌は扇谷上杉氏の家臣だったので、彼も少なからず関わっていたと言われている。[4])

その後、道灌の孫である太田資高及びその子太田康資が二代にわたり当地に館を築いていた。[4]

その後、稲付城は後北条氏のものになり、後北条氏滅亡後は、江戸に入った徳川家康の命により廃城になったとされる。[4]

寺の歴史[編集]

静勝寺の由来は太田道灌の死後、太田道灌の師雲綱和尚が1504年に城の一角に彼を弔う堂を建立して道灌寺とした事にはじまる。[5]その後明暦元年(1655年)、道灌の子孫の太田資宗が堂などを整備して中興、太田道灌とその父・太田資清の法号によって寺号を自得山静勝寺と改めたと言われている。[3]

江戸時代を通じて静勝寺は太田氏菩提寺とされ、道灌堂(太田道灌像を祀るお堂。1715年建立。)旧本堂(現在の弁天堂。1694年建立。)などを造営するなど深くかかわっていた。[3]

その後関東大震災後の1928年に、現在の本堂が完成。観音堂が2007年に建立された。[4]

稲付城跡を含め、当寺院一帯は東京都の史跡になっている。[2]

主な施設[編集]

  • 本堂
  • 弁天堂
  • 道灌堂(太田道灌像を祀る。月命日の毎月26日に開帳される。像は北区指定有形文化財。(1989年指定)この道灌像は元禄8年(1695年)に作られて、現在は1987年に修復がなされたもの[6])
  • 山門
  • 庫裏・雄峰閣(客殿)
  • 中庭
  • 観音堂

アクセス[編集]

  • JR線赤羽駅より徒歩3分(西口)
  • 拝観は無料。日中の時間帯のみ受け付け。
  • 駐車施設:あり(少数)

亀ヶ池弁財天[編集]

亀ヶ池弁財天(かめがいけべんざいてん)は東京都北区赤羽西1-29-17にある弁天堂。地元商店街が中心となった弁天講の要望で、1980年に静勝寺弁天堂から弁財天を勧請した。例大祭は4月第1日曜日。名称の由来は明治時代以前に赤羽駅西口付近に存在した亀ヶ池から取っている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]