青梅トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青梅トンネル
Ken-O expressway Ome tunnel 20100425.jpg
青梅トンネル、青梅IC側出入口付近
概要
座標 北緯35度46分45.2秒
東経139度17分46.3秒
座標: 北緯35度46分45.2秒 東経139度17分46.3秒
現況 供用中
所属路線名 Ken-O Expwy Route Sign.svg 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
起点 東京都羽村市
終点 東京都青梅市
運用
開通 2002年(平成14年)3月29日
管理 東日本高速道路
通行対象 自動車
技術情報
全長 2,090m
道路車線数 片側2車線
テンプレートを表示

青梅トンネル(おうめトンネル、Ome Tunnel)は、東京都羽村市青梅市にまたがる首都圏中央連絡自動車道(圏央道)にあるトンネルである。

概要[編集]

都心から半径40〜60 kmの郊外を環状に巡る圏央道のうち、多摩地域の羽村市から青梅市にかけての区間にあり、青梅市の市街地通過を避けるために地下に道路を設けたトンネルである[1]2002年3月29日青梅IC - 日の出IC間の開通と同時に供用を開始した。 全長は2,090 m。2階建て道路トンネルとしては日本初で、上りと下りの各2車線が上下に重なる2層構造で4車線を構成し、掘削断面積でも国内最大級の規模となる[2][3]。青梅市街の真下を貫いており、上層が埼玉・鶴ヶ島方面に向かう上り線、下層は八王子方面へ向かう下り線となっている[4]。中央の1,093 m部分のトンネル断面が鶏卵の形をしており、高さは約19 m、横幅が約15 m、断面積は220〜260 m2に達する[4]

青梅市街地の地表から7 m地下にあり、トンネルの建設工事では、ガス管などのライフラインや民家、工事中の騒音を避けるため、タマゴ型の中央部分についての掘削は地表からではなく、地中を掘り進む山岳トンネル工法とよばれる掘削方法で掘られている[4]。2層構造の大断面トンネルで山岳トンネル工法が用いられたのは、青梅トンネルが世界初である[5]

トンネル内は圏央道の他の区間と同様、制限速度は80km/hで車線変更禁止にも指定されていないが、左右に大きくカーブしていて見通しも悪い。中でも青梅寄りの入り口付近のカーブは圏央道では最小のR=360で特にきついため、走行には十分注意が必要で、たびたび事故が起こっている[要出典]

[編集]

首都圏中央連絡自動車道

(43)日の出IC - 青梅トンネル - (44)青梅IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]