青木初夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木初夫(あおき はつお、1936年4月8日 - )は、日本の実業家。元アステラス製薬株式会社代表取締役会長。

群馬県立渋川高等学校を経て、1960年東京大学農学部農芸化学科を卒業。同校で1963年に農学修士、1972年に農学博士研究畑出身であるが、米国支社社長などを経て、1999年藤沢薬品工業の社長に就任。山之内製薬との合併に踏み切り、2005年アステラス製薬を誕生させた。

職歴[編集]

  • 1960年4月 藤沢薬品工業株式会社入社
  • 1971-72年 米国シラキュース大学生物研究所留学
  • 1973-83年 中央研究所主任研究員
  • 1977年9月 東京大学 農学博士 論文の題は「新しいベータラクタム抗生物質・ノカルディシンAに関する研究」[1]
  • 1983-86年 探索研究所長
  • 1986-87年 医薬事業本部企画室部長
  • 1987-90年 研究開発総本部副本部長
  • 1987-90年 研究開発総本部国際開発本部長
  • 1988年6月 取締役就任
  • 1990-92年 研究開発総本部長
  • 1993年1月 常務取締役就任
  • 1993年1月 Chairman & CEO, Fujisawa USA, Inc. 就任
  • 1995年6月 代表取締役,専務取締役就任
  • 1996年1月 医薬事業部長就任
  • 1999年 社長就任
  • 2000年6月 執行役員就任
  • 2005年4月 アステラス製薬株式会社代表取締役会長就任
  • 2008年6月 同相談役就任
  • 2010年6月 相談役制度廃止に伴い退任

団体・公職歴[編集]

  • 2004年5月 日本製薬工業協会会長就任
  • 2004年5月 日本製薬団体連合会副会長就任

賞罰[編集]

  • 1988年 日本農芸化学会賞受賞
  • 1996年 大阪府薬事功労者知事表彰
  • 2004年5月 全国発明表彰・発明実施功績賞受賞

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
藤山朗
藤沢薬品工業(現アステラス製薬)社長
1999年 - 2005年
次代:
山之内製薬と合併)
先代:
小野田正愛
アステラス製薬(旧山之内製薬)会長
2005年 - 2008年
次代:
竹中登一