青木俊矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青木俊矩
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 生年不詳
死没 慶長13年5月6日1608年6月18日
別名 善右衛門(通称
戒名 江庵宗永居士
墓所 金剛院(越前市
官位 右衛門佐
主君 豊臣秀吉 → 秀頼
氏族 青木氏
父母 父:青木一矩または青木矩貞
宮内卿局木村重茲室)
久矩、泰矩[1]昌矩[2](荘左衛門)
テンプレートを表示

青木 俊矩(あおき としのり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名越前金剛院城[3]主。豊臣家の家臣。

略歴[編集]

父は青木一矩。一矩の弟の子、つまり甥[4]で養子であったという異説もある。

豊臣秀吉の従甥にあたり、馬廻衆として仕えた。天正20年(1592年)の文禄の役でも、馬廻衆の一人として肥前名護屋城に在番した。

慶長3年(1598年)の秀吉の死に際して、遺物長光の刀を受領した。慶長4年(1599年)、豊臣秀頼に伺候し、同年2月に(父の旧領であった)越前金剛院城主とされ、2万石に加増された。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは父と共に西軍につき、北国口を守るが、戦うことなく終戦となる。戦後、前田利長の家禄存続の口添えを受けたが許されず、改易されて失領し、加賀前田家に預けられた。

慶長13年(1608年)5月6日、金沢にて病死した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 次男。前田利長の家臣。
  2. ^ 三男で嫡男となるが、多病により馬に乗れず、隠棲。結城秀康に召されて、屋敷を与えられ、酒造業に転ず。平吹屋の祖。
  3. ^ 廃城後、本多富正によって寺院とされた。
  4. ^ 半右衛門矩貞の子。

参考文献[編集]