青春フォトグラフ/Girls be Free!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青春フォトグラフから転送)
移動先: 案内検索
青春フォトグラフ/Girls be Free!
Little Glee Monsterシングル
B面 So Long Good Bye
SEASONS OF LOVE with K -Live ver-
リリース
規格 デジタル・ダウンロードCDシングル
時間
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
作詞・作曲 いしわたり淳治福原美穂,KEN for 2 SOUL MUSIC inc.,Philip Woo
チャート最高順位
Little Glee Monster シングル 年表
放課後ハイファイブ
(2014年)
青春フォトグラフ/Girls be Free!
(2015年)
人生は一度きり/ガオガオ・オールスター
(2015年)
テンプレートを表示

青春フォトグラフ/Girls be Free!」(せいしゅんフォトグラフ/ガールズ・ビー・フリー!)はLittle Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)のセカンド両A面シングル2015年3月4日ソニー・ミュージックレコーズから発売。

概要[編集]

  • 「写真」をテーマに旅立ちの切なさや寂しさを、リトグリらしく明るく表現した、卒業シーズンにぴったりな楽曲「青春フォトグラフ」と、2015年3月7日に開催された「神戸コレクション2015S/S」のテーマソングとなっていて、「感じるまま生きていたい」と歌う女の子への応援ソング「Girls be Free!」の2曲が表題曲として収録。2014年11月24日に渋谷duoで行われたワンマンライブよりシンガーソングライターKとのコラボ音源も収録。

「青春フォトグラフ」のミュージックビデオでは、中村中学校・高等学校の生徒が撮影した映像を使用している。Youtubeでの再生回数は、820万回を超えており、好きだ。の再生回数の次に多い再生回数となっている。 「Girls be Free!」のMVは渋谷で撮影され、生音と生歌だけの所からはじまり、音源に1回目のサビで切り替わり、最後のサビではライブ音源となっていく。 「青春フォトグラフ」と「Girls be Free!」は後に『Colorful Monster』に収録され、 両曲のMVも『Little Glee Monster Live in 武道館〜はじまりのうた〜』の初回生産限定盤のDisc2、「Little Glee Monster Music Video Collection」にも収録された。

  • 以下の2形態で発売。
    • 初回生産限定盤 《CD+DVD》(SRCL-8659〜8660)
    • 通常盤 《CDのみ》(SRCL-8661)

収録曲[編集]

  1. 青春フォトグラフ[4:01]
    作詞:いしわたり淳治、作曲:福原美穂・KEN for 2 SOUL MUSIC inc.・Philip Woo、編曲:後藤勇一郎(ストリングスアレンジ)
  2. Girls be Free![5:03]
    作詞:大野由花、作曲:keiko Roads、編曲:宗岡礼二郎
  3. So Long Good Bye [5:28]
    作詞:奈緒・美緒、作曲:奈緒、編曲:松浦晃久
  4. SEASONS OF LOVE with K -Live ver- [2:50]
    • ※カバー曲ミュージカル/映画RENTより
  5. 青春フォトグラフ-instrumental-[3:59]
    • (通常盤はGirls be Free!-instrumental-

タイアップ[編集]

外部リンク[編集]

  1. 青春フォトグラフ』 - 歌ネット
  2. Girls be Free!』 - 歌ネット
  3. So Long Good Bye』 - 歌ネット