霊鷲山 (山口県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
霊鷲山
標高 288.5 m
所在地 山口県下関市高畑
位置 北緯33度59分10秒
東経130度58分05秒
霊鷲山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

霊鷲山(りょうじゅせん、りょうじさん)は、山口県下関市にある山。釈迦が無量寿経や法華経を説いた霊山、グリゾラ・クータ(霊鷲山)に似ているため、そう呼ばれるようになったと伝えられている。 また、明治時代より終戦まで下関要塞の重要区画として厳しい管理下にあった。現在でも山頂にコンクリート製の兵舎壕や砲台跡が残されている[1]

関門海峡近く、火の山の北方に位置し、火の山~霊鷲山~住吉神社に到る縦走路が整備されており、ハイキングコースとなっている。また、頂上近くには仏舎利塔が設けられている。

放送送信施設[編集]

放送局
(愛称)
コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
コミュニティエフエム下関
(COME ON!FM)
JOZZ8AE-FM 76.4MHz 10W 20W 下関市及び周辺地域 約-世帯

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 山口県ふるさとづくり県民会議編『ふるさとの山』山口県ふるさとづくり県民会議、1994年、1頁