雑賀陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雑賀 陽平
本名 石井 利信 [1]
生誕 1950年
兵庫県神戸市
死没 2005年4月25日(55歳)
兵庫県尼崎市
職業 会社役員(東邦アート(株)大阪支店長)
漫画家
活動期間 1971年 - 2005年
受賞 第20回新人賞(漫画雑誌「COM」10月号、1971年)
公式サイト さいがようへい.com
テンプレートを表示

雑賀 陽平(さいが ようへい、本名:石井 利信1950年 - 2005年4月25日)は、兵庫県神戸市出身の漫画家

来歴[編集]

1968年兵庫県立夢野台高等学校卒業。1971年、漫画雑誌「COM」10月号に於いて、『我らの時代-失われない世界-』で第20回新人賞を受賞[1]。その後、1980年創刊の季刊誌「まんがゴールデンスーパーデラックス」(通称:漫金超)ではいしいひさいち川崎ゆきおなどとともに活躍。作品数は多くはなかったが、ラジカルなナンセンス漫画家として知られた。その後は「週刊朝日」の『デキゴトロジー』を夏目房之介と担当していた他、「夕刊フジ」や「神戸新聞」などに4コマ漫画を連載していた。

その後は本業である画廊「東邦アート」の大阪支店長を務め、漫画家としての活動は休止していたが、2005年4月25日、通勤途中、JR福知山線脱線事故に遭遇し急逝[1]。享年55。

作品一覧[編集]

  • 我らの時代
  • 我らの時代-失われない世界-
  • とのおー

脚注[編集]

  1. ^ a b c 漫画家・雑賀陽平さん、尼崎事故で風刺とともに散り”. ZAKZAK (2005年5月6日). 2015年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]