雀龍門3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雀龍門2
ジャンル PCオンライン麻雀ゲーム
対応機種 PC/AT互換機
Windows XP (SP3) / Vista (SP1) / 7
開発元 エヌ・シー・ソフト
運営元 エヌ・シー・ジャパン
人数 1〜4人
メディア ダウンロード
運営開始日 2009年12月11日
利用料金 対局有料(AI戦除く)
※初回プレイ時にゲーム内通貨で300円分が付与
デバイス キーボードマウス
必要環境 CPU:Pentium4 1.6GHz 以上
メモリ:512MB以上
グラフィック:GeForce FX シリーズ以上 / Radeon 9000 シリーズ以上(VRAM 64MB以上)
通信速度:256Kbps以上
Microsoft DirectX 9.0c以上
テンプレートを表示

雀龍門3(じゃんりゅうもん3、JAN RYU MON 3)は、韓国のオンラインゲーム会社であるエヌ・シー・ソフト (NCsoft Corporation) が開発し、エヌ・シー・ジャパン (NC Japan K.K) が運営するオンラインゲームである。

本項では、かつて同社で運営されていた「雀龍門」、「雀龍門2」についても記述する。

来歴[編集]

  • 2009年12月11日、「雀龍門」として、正式サービスを開始。
  • 2010年11月16日、大規模アップデートに伴い、「雀龍門2」にタイトルを変更。
  • 2011年9月27日、大規模アップデートに伴い「雀龍門3」にタイトルを変更。

特徴[編集]

毎週火曜日午前7時〜午前10時に定期メンテナンスが行われる。

麻雀牌や雀卓は奥行きのある3Dで描写され、打牌を行う際にプレイヤーの手(プロ雀士の手捌きをモーションキャプチャしたもの)が描画される。
また物理エンジンを搭載しており、捨て牌同士の干渉で既に河にあった牌がずれる、などの表現がなされている。
局ごとや、自分や他家のリーチがかかった時など場面ごとにユーザがBGMを指定できたり、副露や和了などでボイスが流れるなど、視覚的・聴覚的に多彩な演出があることが、他のオンライン対戦麻雀ゲームにはない特徴と言える。

ゲームシステム[編集]

雀龍門[編集]

「公式戦」、「友人戦」、「チュートリアル」の3つのゲームモードが用意されており、そのうち公式戦と友人戦では半荘戦と東風戦を選択できる。

また、公式戦と友人戦では「雀珠(じゃんたま)」という雀龍門独自の仮想通貨をやりとりがされていたが、ゲームの大幅な改変により2011年9月末の大規模アップデートを持って廃止された。

公式戦[編集]

メインとなる対局モード。公式戦に参加した時点で自動的に他の対局者とマッチングされ、雀龍門公式のルールで対局する。通常モードと熟練モードにわかれていて、それぞれありあり、なしなしと東風戦、半荘戦を選択できる。 対局によって獲得した経験値によって等級が上昇する。 熟練モードへの参加には、段級が6級以上というのが条件となっている。

友人戦[編集]

知り合い同士でコードを設定することで知り合いとの対局ができるモード。ルーム作成者がいくつかのルールを変更できる(ぶっとび無し等)。 参加人数が4人に満たない場合は参加者を募集することもできる。公式戦モードと違い戦績に結果は記録されず、経験値の変動もない。

チュートリアル[編集]

麻雀や雀龍門の経験が浅いプレイヤーに向けたモード。 CPU戦では、公式東風戦のルールでコンピュータとの対戦が行える。戦績は残らず、経験値の変動や雀珠のやりとりは行われない。 雀龍門のマスコットキャラとも言える「メイリン」が麻雀の基本的なルールなどを教えてくれる「四人麻雀講座」も閲覧できる。


雀龍門2[編集]

「公式卓」、「友人卓」、「練習卓」の3つのゲームモードが存在する。

公式卓[編集]

『雀龍門』で「通常卓」「昇龍卓」という名称だった2つのゲームモードが、「一般卓」「熟練卓」へと改名された。

一般卓と熟練卓のそれぞれに「ありあり」、「なしなし」「三人麻雀」の3つが存在する。

「ありあり」「なしなし」「三人麻雀」の東風戦と半荘戦、計6つのモードのうち、参加したいモードの「選択」ボタンを押してマッチングに参加する。
複数のモードにエントリーすることが可能(ただし、一般卓と熟練卓のモードに同時エントリーすることはできない)で、その場合、最初に面子が揃ったモードで対局を行う。

友人卓[編集]

『雀龍門』の「友人戦」と大きな変更は無い。また、友人戦には「三人麻雀」モードは存在しない。

練習卓[編集]

『雀龍門』の「チュートリアル」と大きな変更は無い。


雀龍門3[編集]

「公式卓」「リーグ」「友人卓」「練習卓」の4つのゲームモードが存在する。

公式卓[編集]

従来存在していた「一般卓(通常卓)」と「熟練卓(昇龍卓)」が統合された。これに伴い、戦績のデータも統合されるが、役の和了回数に関してのみ、「公式卓」と後述する「リーグ」についても統合される。

これまでは、階級の最上位は「九段」であったが、その更に上位となる「極位(玄人、名人など)」が実装された。

リーグ[編集]

ルール[編集]

以下は公式戦でのルール。友人戦ではこれらの一部ルールを変更することができる。

振聴立直あり
数え役満あり、重ね役満あり
大四喜はダブル役満
国士無双十三面待ちはダブル役満
純正九蓮宝燈はダブル役満
四暗刻単騎待ちはダブル役満
人和大車輪あり。友人戦で変更可能。
人和、大車輪以外のローカル役はなし
緑一色は發なしでも成立
国士無双は暗槓槍槓あり
四槓子は雀頭まで揃えて成立
包(パオ)は大四喜と大三元にのみ適用
和了
親聴牌で連荘あり
形式聴牌あり。友人戦で変更可能。
二翻縛りなし。友人戦で五本場からありに変更可能。
ダブロン・三家和あり。友人戦で変更可能。親が和了していれば連荘する。
流局
九種九牌による流局あり、親の連荘あり。
四風連打による流局あり、親流れ。
四開槓による流局あり、親流れ。
四家立直による流局なし続行。
三家和による流局なし。
得点計算
配給原点・返し点は東風戦では20000点持ちの25000点返し、半荘戦では25000点持ちの30000点返し。友人戦で変更可能。
は5-10。友人戦で10-20若しくはなしに変更可能。
ピンヅモあり、20符として計算。友人戦で変更可能。
七対子は25符二翻として計算
喰い平和形は30符として計算
切り上げ満貫なし
ぶっとびあり、0点以下(0点ちょうど含む)はとび。友人戦で変更可能。持ち点1000点未満でのリーチはできず、1000点時のリーチは流局後全員テンパイならぶっとび。
ドラ
裏ドラあり。友人戦で変更可能。
槓ドラあり。友人戦で変更可能。
槓ウラあり。
赤牌3枚あり。友人戦で4枚若しくはなしに変更可能。

プレイスタイル[編集]

ユーザーの打ち筋によって、「攻撃」「防御」「策略」のパラメータが変動し、その割合によって以下の7種類あるプレイスタイルが振り当てられる。

「攻撃」「防御」「策略」が平均的な場合。雀龍門を初めてプレイする時はこのプレイスタイルになる。
「攻撃」のパラメーターが高い場合
「防御」のパラメーターが高い場合
「策略」のパラメーターが高い場合
「攻撃」と「防御」の2つのパラメーターがほぼ同じくらい高く、「策略」は低い場合
「防御」と「策略」の2つのパラメーターがほぼ同じくらい高く、「攻撃」は低い場合
「策略」と「攻撃」の2つのパラメーターがほぼ同じくらい高く、「防御」は低い場合

アバター[編集]

ゲーム画面に表示されるアバターは、「plaync」で設定するものと同一となる。

このアバターは同サイトで装飾でき、衣服や髪型などの購入には同サイトの仮想通貨である「パール」を消費する。「パール」を獲得するには、同社が運営する月額制のゲームの決算やアイテムの購入に用いる別の通貨である「カイモ」(1カイモ=1円相当)をチャージする必要があり、雀龍門のゲームアイテムは後述する「雀珠」を消費して購入するため、そのようなゲームをプレイしていないユーザは実質的に(plaync初回登録時に獲得できるものを除いて)パールを得ることができない。

ゲームアイテム[編集]

現在、雀龍門3に存在するゲームアイテムの例。

  • 指輪 … 指に装着する装飾アイテム。人差し指、中指、薬指に装着するものがある。
  • 腕輪 … 腕に装着する装飾アイテム。他に、ブレスレット、プレート、腕時計も存在する。
  • 刻印 … 手の甲に装着する装飾アイテム。刺青のようなもの。
  • ネイル … 爪に装着する装飾アイテム。ネイルのみ、共用が存在しない。
  • 名前変更チケット … 雀龍門ニックネームを変更することができる対局アイテム。
  • 戦績イレーザー … 公式戦での対局記録を初期化することができる対局アイテム。使用時の経験値、級および段は初期化されない。
  • 牌譜記録ディスク … 対局を牌譜として記録できる対局アイテム。1局につき1枚必要。
  • 長考チケット … 副露や摸打の制限時間を長くすることができる対局アイテム。1局につき1度しか使用できない。
  • 音声 … 装飾アイテムの「ボイス」を追加する対局アイテム。

装飾アイテムには男性用、女性用、共用のものが存在し、カイモ(課金制のplaync内仮想通貨)で購入する永久利用のものと、龍宝(旧雀玉)を消費して交換する期間制のものがある。 追加・廃止もあるので注意のこと。

脚注[編集]

外部リンク[編集]