隈元新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
隈元 新
くまもと しん 本名はくまもと あらた
生年月日 (1950-01-06) 1950年1月6日(68歳)
出生地 鹿児島県大口町
出身校 立命館大学経営学部卒業
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2008年11月30日 - 現職

当選回数 4回
在任期間 1996年1月4日 - 2008年10月31日

Flag of Okuchi Kagoshima.JPG 大口市議会議員
当選回数 3回
在任期間 1983年4月28日 - 1995年4月27日
テンプレートを表示

隈元 新(くまもと しん、1950年1月6日 - )は、日本政治家鹿児島県伊佐市長(3期)。元大口市長(4期)、元大口市議会議員(3期)。

来歴[編集]

鹿児島県大口町出身。立命館大学経営学部卒業。1973年(昭和48年)4月、大阪ロイヤルホテルに就職。1975年(昭和50年)7月、ニューヨークヒルトンホテルに出向。1977年( 昭和52年)3月、大阪ロイヤルホテルを退社。同年4月、帰郷し農業に従事[1]

1983年(昭和58年)4月、大口市議会議員選挙に初当選。以後計3期務める。

1996年(平成8年)1月4日に大口市長に就任。以後計4期務める。

2008年(平成20年)11月1日、大口市は伊佐郡菱刈町と新設合併して伊佐市となる。これに伴って行われた伊佐市長選挙に無投票で初当選した。11月30日、市長就任[2]。2012年(平成24年)、再選。2016年(平成28年)、3選。

市長選の結果[編集]

2008年伊佐市長選挙

2008年(平成20年)11月23日告示、11日30日執行。無投票で初当選。

2012年伊佐市長選挙

2012年(平成24年)11月18日執行。元菱刈町長の神園勝喜、前市議の今吉光一、前市議の古城恵人の3候補を破り再選した[3]

※当日有権者数:24,564人 最終投票率:77.30%(前回比:ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
隈元新62無所属8,987票47.83%
神園勝喜62無所属6,081票32.36%
今吉光一48無所属1,892票10.07%
古城恵人63無所属1,831票9.74%
2016年伊佐市長選挙

2016年(平成28年)11月20日執行。前回戦った元菱刈町長の神園勝喜との一騎討ちを制し、3選[4]

※当日有権者数:23,316人 最終投票率:71.55%(前回比:-5.75ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
隈元新66無所属8,539票51.73%
神園勝喜66無所属7,968票48.27%

政策・主張[編集]

  • 定員割れが続く高校の入学者を確保するため、伊佐市にある鹿児島県立大口高等学校の生徒に対し、旧帝大の合格者に最大100万円の報奨金を支給する制度を2015年(平成27年)の大学入試から導入した。2016年(平成28年)に九州大学理学部に合格した生徒は100万円の報奨金を受け取る第1号となった[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
初代
Flag of isa Kagoshima.JPG 鹿児島県伊佐市長
2008年 -
次代:
(現職)