陣山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陣山
Gthumb.svg
画像募集中
標高 298 m
所在地 日本の旗 日本 広島県三次市
位置 北緯34度47分11.6秒
東経132度54分47.2秒
座標: 北緯34度47分11.6秒 東経132度54分47.2秒
陣山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

陣山(じんやま)は、広島県三次市向江田町に座するである。標高298m。

地理[編集]

この山は天良山の西側に、国兼川、JR西日本芸備線及び広島県道431号和知塩町線を挟んで対峙している。陣山の西麓の三次市四拾貫町、向江田町には陣山墳墓群北緯34度47分19.8秒東経132度54分28.8秒)がある。陣山の山頂には南北朝時代又は戦国時代に天良山城(てらやまじょう)が築かれたと言い伝えられる[1]が、記録ははっきりしない。陣山墳墓群は国の史跡に指定されている[2]

中国横断自動車道尾道松江線は、この陣山の東麓を南北に通る計画とされ、遺跡などが事前調査され、工事は途中まで進んでいる。

最寄駅は、JR芸備線下和知駅塩町駅又は神杉駅である。

脚注[編集]

  1. ^ 広島県教育委員会編:『中国縦貫自動道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告(1)』(古城山城跡,p.227,地図),1978年(昭和53年3月)発行
  2. ^ 国指定文化財等データベース:主情報詳細