阿比類鋭三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿比留栄三郎から転送)
移動先: 案内検索

阿比類 鋭三郎(あびる えいさぶろう、天保13年(1842年) - 文久3年4月6日1863年5月23日))は、壬生浪士組隊士。名前は阿比留鋭三郎阿比留栄之介阿比原栄三良阿比留栄三郎とも。

対馬藩出身。千葉栄次郎千葉周作の次男)に弟子入りし、北辰一刀流を修めた。

文久3年(1863年)2月、江戸で浪士隊に加わり上京。殿内義雄家里次郎の一派となる。浪士隊江戸帰還決定後、近藤勇芹沢鴨らと共に京都に残留。壬生浪士組、結成時24名の一人となる。隊に在籍中は近藤らと共に行動した。

同年4月6日に死去。殺害、病死とも。死亡日は3月25日説もある。