阿弥陀寺 (会津若松市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿弥陀寺
Amida-ji (Aizuwakamatsu).JPG
所在地 福島県会津若松市七日町4-20
位置 北緯37度30分2.3秒
東経139度55分8.4秒
山号 正覚山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 慶長8年(1603年
開基 良然
法人番号 2380005008370
テンプレートを表示

阿弥陀寺(あみだじ)は、福島県会津若松市七日町にある浄土宗寺院山号は正覚山。

沿革[編集]

創建は慶長8年(1603年)に良然和尚開山したことが始まりとされる。戊辰戦争堂宇が焼失し、明治3年には若松城の小天守にあたる「御三階」を移築し、仮本堂とした。境内には、戊辰戦争で戦死した1300名の遺骸埋葬された。また、新選組三番隊組長を務め、明治大正を生きた斎藤一(藤田五郎)のもある。

御三階[編集]

「御三階」は江戸時代に建てられた古建築物で、外観3層、内部4階。若松城内にあった時は物見だけでなく、秘密会議等が行われたと伝えられている。移築の祭、本丸御殿の玄関唐破風も同時に移築され、現在のような形となった。