関哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関 哲夫(せき てつお、1938年7月29日 - )は、日本の実業家。新日本製鐵副社長や商工組合中央金庫社長を歴任した。

人物[編集]

大阪府出身。1963年、阪大卒業後、八幡製鐵(現・新日鐵住金)入社。経理畑を中心に歩み、2000年に新日本製鐵の代表取締役副社長に就任した。日本郵政社外取締役を経て[1]、2008年からは商工組合中央金庫の民営化後初の社長に起用され、2013年退任した[2]。他にサッポロホールディングス東京金融先物取引所の社外取締役などを歴任した。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “監査役に新日鉄関氏ら内定 日本郵政会社”. 共同通信. (2006年1月17日). http://www.47news.jp/CN/200601/CN2006011701001222.html 2017年7月10日閲覧。 
  2. ^ “商工中金社長に杉山氏が昇格”. 日本経済新聞. (2013年6月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC06027_W3A600C1EE8000/ 2017年7月10日閲覧。 
  3. ^ (日本語) 役員一覧 - 商工中金”. 商工組合中央金庫 (2008年11月30日). 2015年11月11日閲覧。