関口博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関口 博之(せきぐち ひろゆき、1957年生まれ)は、NHK解説委員。担当分野は経済政策企業戦略。解説副委員長を務める。

人物・経歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。1979年一橋大学法学部卒業後、NHKに記者として入局。東京では報道局経済部記者として数多くの経験を積んだ後、2001年に解説委員に就任。後に解説主幹昇格。担当は経済政策・企業戦略で、『経済羅針盤』の編集長兼キャスター、『経済最前線』編集長兼キャスターなどとして出演した[1][2]

2011年元日NHKスペシャル「ニッポンの生きる道」で司会を務めた後テレビ画面からは遠ざかり、同年6月から2年間北九州放送局長を務めた。在任中は財団法人北九州市芸術文化振興財団理事、財団法人アジア女性交流・研究フォーラム理事、北九州市地域福祉振興協会委員、北九州市立いのちのたび博物館協議会委員[3]等も務めた。

2013年6月14日付の定期幹部人事で解説委員室に復帰した[4]。現在は解説副委員長。

担当番組[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「原油高騰 21世紀のエネルギー問題と日本の戦略」NHK
  2. ^ 「第68回 KPECエイブルサロン」
  3. ^ 財団法人北九州市芸術文化振興財団(PDF形式:217KB)北九州市、北九州市地域福祉振興協会役員名簿(第12期)  (平成24年4月1日現在)北九州市
  4. ^ 出典:西日本新聞2013年6月1日付経済面。なお同紙はWEBにおける経済関連の記事閲覧を有料化している。