間部詮芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
間部 詮芳
時代 江戸時代中期から後期
生誕 明和3年11月14日1766年12月15日
死没 文政6年4月24日1823年6月3日)(※異説あり)
別名 虎吉、源十郎、図書助
幕府 江戸幕府 書院番→西丸書院番?
主君 徳川家治家斉家慶(世子時代)
氏族 間部氏
父母 父:間部詮番、母:安部信久の娘
兄弟 詮芳安部昌信(信義)、女子、女子、女子
間部詮茂の娘)
詮寛、俊章(僚之助、鉄太郎)、詮徴、女子、女子、女子

間部 詮芳(まなべ あきふさ)は、江戸時代中期から後期の旗本赤坂間部家当主・間部詮番の長男。妻は越前鯖江藩主、間部詮茂の娘・輝。江戸城西の丸殿中にて松平外記に斬られ死亡した(千代田の刃傷)。

生涯[編集]

明和3年(1766年)、間部詮番の長男として生まれる。天明2年(1782年)12月、詮芳17歳の時、赤坂間部家の遺領と家督を継ぎ小普請入り[1]寛政元年(1789年)6月、間部詮茂の娘・輝と結婚[2]。寛政7年(1795年)10月、書院番になり、翌寛政8年(1796年)12月、西丸にて将軍世子時代の徳川家慶に仕えた[1]

文政6年(1823年)4月22日、西丸書院番詰所二階休息所にて詮芳は松平外記に斬られ重傷を負い、翌々日の4月24日に死亡したという。[3][4]家督は長男の詮寛が継いだ。

補足[編集]

間部詮芳の生没年は史料によって異なり、生年:安永7・8年(1778-1779年)、没年:文政6年(1823年)4月24日とする『浮世の有様』という史料と[5]生年:明和3年(1766年)11月14日、没年:天明9年(1789年)11月25日とする「間部家文書(「御用状」)」・「間部家譜」[6]という史料の2つに大別される。本項では両者を他の史料と照らし合わせたうえ、詮芳の生没年を生年:明和3年(1766年)11月14日、没年:文政6年(1823年)4月24日とした。

脚注[編集]

  1. ^ a b 続群書類従完成会 1966, p. 68.
  2. ^ 竹内 1998, p. 653.
  3. ^ 矢野 1917, p. 43.
  4. ^ 4月24日には下総国の詮芳の知行所に事件のことが伝達されている。(「御用留」利根町教育委員会『利根町史』(2)史料集 利根町、1983年、307頁)
  5. ^ 矢野 1917, pp. 40-43.
  6. ^ 竹内 1998, p. 650,653.

参考文献[編集]

  • 小川恭一編『江戸幕府旗本人名事典』第3巻・第4巻 原書房、1989年。
  • 続群書類従完成会『新訂寛政重修諸家譜』第二十二 八木書店、1966年。
  • 竹内信夫「所謂「本所間部家」と「赤坂間部家」について 」『地域史研究と歴史教育 : 森山恒雄教授退官記念論文集』 亜紀書房、1998年。
  • 矢野太郎編『浮世の有様』1(巻1-2)<国史叢書> 国史研究会、1917年。
  • 利根町教育委員会『利根町史』(2)史料集 利根町、1983年。

外部リンク[編集]

近代デジタルライブラリー 浮世の有様.  1(巻1−2)