間好子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

間 好子(はざま よしこ、1928年 - 2001年10月12日)は沖縄県出身の俳優、脚本家、演出家。劇団「乙姫劇団」二代目団長。琉球舞踊「玉城流乙姫要乃会」会主。本名:上間好子(うえまよしこ)。

略歴[編集]

那覇市の辻遊郭で生まれる。1949年上間郁子による女だけの沖縄芝居の劇団「乙姫劇団」の創立に参加。男役として看板役者となる。

一方で、『男はつらいよ』シリーズや、沖縄出身の高嶺剛監督作など、映画にも出演。

1990年に、上間の死を受けて、二代目団長に就任。晩年まで舞台にたち続けた。

1995年に沖縄県文化功労者。1999年には沖縄県指定無形文化財「琉球歌劇」保持者に認定された。

2001年死去。翌年、自叙伝と関係者の証言をまとめた『永遠の樽金(たるがに)』が刊行された。

出演[編集]

映画[編集]

著書[編集]

  • 永遠の樽金 おもろ出版 2002