長谷見雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷見 雄二(はせみ ゆうじ、1951年昭和26年)[1] - )は、日本建築学者建設官僚。

経歴・人物[編集]

東京都渋谷区に生まれる[1]1973年(昭和48年)早稲田大学理工学部建築学科を経て、1975年(昭和50年)同大学理工学研究科建設工学修了[2]。建設省に奉職し、建築研究所研究員となる[2]。ついで、米国商務省国立標準局(現・アメリカ国立標準技術研究所)客員研究員、建設省建築研究所主任研究員、建設省建築研究所防火研究室長を経て、1997年(平成9年)母校の早稲田大学理工学部建築学科教授となる[2]。のち福井大学大学院非常勤講師、東京理科大学客員教授、東京工業大学応用セラミックス研究所客員教授などを兼任した[2]。ほか、日本建築学会代議員、日本火災学会会長、日本建築防災協会理事などを歴任した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 世界一受けたい授業”. 日本テレビ. 2019年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 長谷見 雄二”. 早稲田大学 研究者データベース. 2019年10月3日閲覧。