長谷川國雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 國雄(はせがわ くにお、1901年明治34年)12月15日 - 1980年昭和55年)9月2日)は、日本書籍編集者、実業家

経歴[編集]

東京都出身。祖父が旗本という家系に育つ。東京高等工芸学校(現在の千葉大学)機械科卒業、明治大学経済学部中退。日本特殊鋼、萱場産業を経て、実業之世界社に入社。

1928年、サラリーマン社(自由国民社)を設立し、雑誌「サラリーマン」を創刊、編集長兼社長を務める。1935年に商号を時局月報社とし、「時局月報」を創刊するが、人民戦線や日本国外の共産党の記事を多く掲載したためたびたび発禁処分を受け、1937年には治安維持法違反で1年間投獄された。

1948年に新語辞典に新しい分野を切り開いた「現代用語の基礎知識」を発刊。1949年に自由国民社に改組し社長となる。他に「新譜ジャーナル」の創刊、「口語六法シリーズ」などの出版などを手がけた[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

自由国民社