長谷寺 (由利本荘市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷寺
長谷寺
所在地 秋田県由利本荘市赤田上田表115
位置 北緯39度25分41.16秒東経140度06分10.78秒座標: 北緯39度25分41.16秒 東経140度06分10.78秒
山号 正法山
宗旨 曹洞宗
創建年 1775年(安永4年)
開基 是山泰覚
別称 赤田の大仏
札所等 秋田三十三箇所観音霊場第8番
文化財 大仏殿(国の登録有形文化財)、法隆寺一切経(県の有形文化財)
法人番号 4410005001849
テンプレートを表示
「赤田の大仏」として知られる十一面観音立像

長谷寺(ちょうこくじ)は、秋田県由利本荘市赤田にある曹洞宗寺院である。当寺に安置されている高さ約9m、木製金箔押しの長谷十一面観音立像は通称赤田大仏と呼ばれ、奈良県桜井市長谷寺(はせでら)、神奈川県鎌倉市長谷寺(はせでら)と並び日本三大長谷観音[1]の一つと言われている。秋田三十三箇所観音霊場第8番札所。

概要[編集]

正法山長谷寺は、1775年安永4年)、亀田藩の僧是山泰覚により創建された寺院である。1784年天明4年)には、鎌倉長谷寺の本尊と同木から彫り出されたという小仏を胎内仏として十一面観音立像の製作が始まり、2年後に完成した。1888年明治21年)に堂塔伽藍の総てが火事により焼失したが、4年後に観音像が再建、さらに9年後には本堂が再建された。

年表[編集]

  • 1775年(安永4年):是山泰覚和尚により滝沢山不動庵開山
  • 1778年(安永7年):丈六阿弥陀如来建立
  • 1784年(天明4年):十一面観音立像製作開始
  • 1786年(天明6年):十一面観音立像完成
  • 1792年寛政4年):正法山長谷寺創立
  • 1794年(寛政6年):大仏堂完成
  • 1795年(寛政7年):亀田藩祈願所となる(寺領50石)
  • 1811年文化8年)是山泰覚和尚入滅
  • 1888年(明治21年):堂塔伽藍総て焼失
  • 1892年(明治25年):観音像再建
  • 1893年(明治26年):大仏堂再建
  • 1901年(明治34年):本堂再建
  • 1986年(昭和61年):十一面観音が本荘市有形文化財に指定

祭典[編集]

  • 8月21日-22日:赤田大仏祭り(豊作・家内安全祈願の神仏習合の祭り)

文化財[編集]

  • 大仏殿(国の登録有形文化財[2]
  • 「法隆寺一切経」(県の有形文化財)
  • 十一面観音立像(由利本荘市の有形文化財)

交通[編集]

バス[編集]

[編集]

鉄道[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 赤田の大仏 - 由利本荘市観光協会
  2. ^ 平成25年12月24日文部科学省告示第161号