長島伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長島伸一(ながしま しんいち、1947年5月4日[1]- )は、西洋史学者、長野大学名誉教授。19世紀英国史が専門。

来歴[編集]

横浜市生まれ。1970年上智大学文学部新聞学科卒業。1972年法政大学経済学部経済学科卒業。1982年同大学院社会科学研究科経済学専攻博士課程単位取得満期退学。1987年『世紀末までの大英帝国』でサントリー学芸賞受賞。1990年長野大学産業社会学部助教授、1995年教授。産業社会学部長、環境ツーリズム学部教授、企業情報学部教授を歴任。2016年退職。

著書[編集]

共著
  • 『自由大学運動の遺産と継承 90周年記念集会の報告』大槻宏樹,村田晶子共編 前野書店 2012

論文[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』