鏑木政岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鏑木 政岐
(かぶらぎ まさき)
生誕 (1902-07-24) 1902年7月24日
日本の旗 日本 石川県金沢市
死没 (1987-12-27) 1987年12月27日(85歳没)
日本の旗 日本
研究分野 恒星天文学
研究機関 東京帝国大学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

鏑木 政岐(かぶらぎ まさき、1902年明治35年)7月24日 - 1987年昭和62年)12月27日[1])は、日本天文学者。専門は、恒星天文学[1]東京大学名誉教授

人物[編集]

石川県金沢市神官の子として生まれる[1]。1926年(大正15年)、東京帝国大学理学部天文学科を卒業し[1]、同学部の助手ならびに東京天文台の技手となる[1]

1934年(昭和9年)「運動星團、近距離星及高速度星の運動より見たる局部恒星系の運動に就て」で理学博士号を授与され、1934年(昭和9年)東京帝国大学理学部助教授に就任。1946年(昭和21年)東京大学理学部教授となり1963年(昭和38年)に定年退官した[1]。1963年(昭和36年)東京理科大学理学部教授となり1973年(昭和48年)に退職。1957年(昭和32年)には天文博物館五島プラネタリウム初代館長も務めた。

1973年(昭和48年)北海道測量専門学校初代校長となり1974年(昭和49年)に退職。

鏑木は平山清次に師事した[2]。鏑木の弟子には高瀬文志郎石田蕙一がいる[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『太陽と月 天体の魅力』東洋図書、1948年(昭和23年)
  • 『星と星雲 天界の魅力』東洋図書、1948年(昭和23年)
  • 『応用天文学 地球上の位置決定法』河出書房、1951年(昭和26年)
  • 『太陽と私たちの生活』岩崎書店《少年の観察と実験文庫》、1957年(昭和32年)
  • 『宇宙の神秘』あかね書房《少年少女最新科学全集》、1958年(昭和33年)

共編著など[編集]

  • 『天文学習図鑑』清水彊共著 東洋図書、1950年(昭和25年)
  • 『宇宙』(編著)毎日新聞社《毎日ライブラリー》、1952年(昭和27年)
  • 『理科基礎講座 第10巻 (地学 第1)』正野重方共著 岩崎書店、1956年(昭和31年)
  • 『少年少女天文図解百科』(編著) 岩崎書店、1958年(昭和33年)
  • 『新天文学講座 第8巻 銀河系と宇宙』(編著)恒星社厚生閣、1958年(昭和33年)
  • 『地学精説 大学課程』正野重方共編 森北出版、1958年(昭和33年)
  • 『天文気象図鑑』監修 東雲堂出版《東雲堂図鑑シリーズ》、1967年(昭和42年)

参考文献[編集]

  • 堀源一郎「鏑木先生の思い出」東京大学理学部廣報 19 1988(昭和63年)3月

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]