鍋島俊策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鍋島 俊策
生誕 1892年9月10日
日本の旗 日本 熊本県
死没 (1948-04-28) 1948年4月28日(55歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

鍋島 俊策(なべしま しゅんさく、1892年9月10日 - 1948年4月28日)は、日本海軍軍人。海軍少将

経歴[編集]

熊本県下益城郡小川町生まれ。小川小学校八代中学校卒業。1911年明治44年)海軍兵学校に入学する。

1914年大正3年)海軍兵学校を卒業(42期)し、海軍少尉候補生となり阿蘇乗組。1918年(大正7年)水雷学校普通科を卒業し、同年12月に砲術学校学生教程を卒業する。1920年(大正9年)海軍大尉に任ぜられ、翌年の1921年(大正10年)には水雷学校高等科を卒業する。1925年(大正14年)に海軍大学校甲種25期入学。1926年(大正15年)、海軍少佐に昇進する。1927年昭和2年)には特別大演習審判官に。1933年(昭和8年)より軍令部々員兼海軍大学校教官、海軍技術会議議員などを務める。

1937年(昭和12年)に海軍大佐に進級。1940年(昭和15年)「鹿島」の艦長に就任し、以後「北上」「鬼怒」「摩耶」の艦長を歴任する。1942年(昭和17年)海軍少将に昇進し、第四艦隊参謀長となる。1944年(昭和19年)海軍機雷学校長(後に海軍対潜学校と改む)。1945年(昭和20年)6月に四国地方海軍部長、及び四国海軍軍需監督部長を兼務し、同年10月予備役となる。海軍少将正五位勲二等瑞宝章。

参考文献[編集]

  • 小川町史編纂委員会 編纂『小川町史』小川町役場(熊本県)、1979、1052頁
  • 太平洋戦争研究会編著『日本海軍将官総覧』PHP研究所、2010、331頁