鈴木良男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鈴木 良男(すずき よしお、1934年11月15日 - )は、旭化成工業株式会社取締役、株式会社旭リサーチセンター社長を歴任するなど日本の企業人。1981年から1983年の臨時行政調査会(いわゆる土光臨調)で国鉄・電電・専売公社の改革[1]に携わって以来20数年にわたり、随時の政府の行政改革特に規制改革に関する審議会等のメンバーとしてこれら課題に深く関わってきた。

経歴[編集]

  • 1934年 愛知県に生まれる。
  • 1959年 東京大学法学部卒業、旭化成工業株式会社入社
  • 1981年 臨時行政調査会事務局調査員に出向、「国鉄、電々、専売の民営化」などをテーマとする[1]
  • 1989年 旭化成取締役総務部長
  • 1992年 旭リサーチセンター社長、2004年会長
  • 1991年 第三次臨時行政改革推進審議会の「行政手続法部会」、「証券問題特別委員会」および「豊かな暮らし部会」の各専門委員[2]、法曹養成制度等改革協議会協議員
  • 1994年 村山内閣行政改革推進本部規制緩和検討委員会専門委員
  • 1995年 行政改革委員会情報公開部会専門委員、行政改革委員会規制緩和小委員会参与[3]、日本商工会議所・東京商工会議所政策委員会委員、総務庁行政監察懇話会委員
  • 1997年 東京商工会議所経済法規委員会副委員長[4]
  • 1998年 東京商工会議所経済構造改革委員会副委員長、行政改革推進本部規制緩和(後規制改革)委員会委員長代理[5]
  • 1999年 司法改革フォーラム会長
  • 2000年 日本商工会議所経済法規問題懇談会座長
  • 2001年 内閣府総合規制改革会議委員、2002年より同会議議長代理[5]
  • 2004年 東京商工会議所政治・行政改革委員会副委員長、内閣府規制改革・民間開放推進会議議長代理[5]

著書[編集]

  • 「規制緩和は何故できないのか」(1995年、日本実業出版社)
  • 「日本の司法ここが問題 - 弁護士改造計画」(1995年、東洋経済新報社)
  • 「暗闘 NTT vs. 郵政省」(1996年、講談社)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 1983.3.15 サンケイ新聞社会面「省あって国なし」、加藤寛・山同陽一「国鉄電電専売再生の構図」(1993年 東洋経済新報社)
  2. ^ 第3次行革審提言集(1994年行政管理センター)
  3. ^ 行政改革委員会「総理への全提言」(1998年行政管理センター)
  4. ^ 東商役員・議員名簿(各年度 東京商工会議所)
  5. ^ a b c 行政改革推進本部規制緩和(後規制改革)委員会(1998-2000)、内閣府総合規制改革会議(2001-2003)、内閣府規制改革・民間開放推進会議(2004-2006) 累次答申提言書