鈴木浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 浩三(すずき こうぞう、1960年4月26日[1] - )は、日本の経済史家。

東京生まれ。1983年中央大学法学部卒業[2]東京都入庁、環境局総務部副参事、水道局職員部労務課長、多摩水道改革推進本部調整部管理課長。2005年筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業科学専攻博士課程修了、「日本における企業間関係の構築によるコスト低減」で博士(経営学)。2007年日本管理会計学会「論文賞」受賞[3]

著書[編集]

  • 『江戸の経済政策と現代 江戸がわかれば今がみえる』ビジネス教育出版社 1993
  • 『江戸の経済システム 米と貨幣の覇権争い』日本経済新聞社 1995資本主義は江戸で生まれた』日経ビジネス人文庫 2002
  • 『震災復興の経済学 いま東京を大地震が襲ったら』古今書院 1997
  • 『江戸商人の経営 生き残りを賭けた競争と協調』日本経済新聞出版社 2008江戸商人の経営(ビジネス)戦略』日経ビジネス人文庫 2013
  • 『江戸のお金の物語』日経プレミアシリーズ 2011
  • 『江戸の風評被害』筑摩選書 2013
  • 『江戸の都市力 地形と経済で読みとく』ちくま新書、2016

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.323
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年
  3. ^ 日本経済新聞社