鈴木定七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 定七(すずき さだしち、天保4年(1833年) - 明治39年7月13日(1906年7月13日))は、日本武士越前勝山藩剣術師範。

生涯[編集]

出生地は現在の福井県勝山市である。弘化4年(1847年)、15歳のときに江戸へ出て、直心影流男谷精一郎に入門した。修行すること3年、直心影流の皆伝の域に達した。20歳のとき江戸へ帰り、神道無念流斎藤弥九郎に入門した。定七は弥九郎の信頼を得て塾頭も務めたこともあるという。23歳で勝山に帰り、藩の剣術師範になった。斎藤門下に鈴木定七ありといううわさが広まり、水戸藩から弘道館の剣術指南役に迎えたいと申し入れてきたが、定七は断った。

参考文献[編集]