鈴木一郎 (ギタリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 一郎
生誕 1948年????
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
ジャンル クラシック
職業 クラシックギター奏者
担当楽器 クラシックギター
公式サイト ichiro-suzuki.main.jp

鈴木 一郎(すずき いちろう、1948年 - )は、日本クラシックギター奏者。

履歴[編集]

兵庫県神戸市出身。はじめピアノヴァイオリンを学んでいたが、1960年代に入ってクラシックギターと出会い、小原安正に師事した。1970年にヨーロッパに渡り、アンドレス・セゴビアらに学んだ。バルセロナパリを拠点に活動を行い、パラモス音楽祭の監督を務めるなどした。2007年に日本に帰国し、神戸で活動している。

ソリストとし数多くのオーケストラと共演し、1983年には武満徹からギター協奏曲『夢の縁へ』を献呈された。

ディスコグラフィー[編集]

参考文献[編集]

  • Maurice J. Summerfield: The classical guitar. Its evolution and its players since 1800. Ashley Mark, Newcastle upon Tyne 1991, ISBN 1-872639-46-1, S. 201.

外部リンク[編集]