鈴川地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴川地区(すずかわちく)は、山形県山形市にある地区である。

概要[編集]

山形市街地の北東部を占め、住宅や商店が多いが、馬見ヶ崎川や盃山など自然も身近である。もとは鈴川村として存在したが、1943年(昭和18年)に山形市に合併された。地区の人口は18941、世帯数は7317世帯。(平成28年)[1]都市化が進んでおり、地区の中心には生協おーばんといったスーパーマーケットがある[2]ほか、山形県道19号山形山寺線国道13号線沿いにはロードサイド店舗が出店している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.yamagata-community.jp/~suzukawa/suzukawagaiyou.html
  2. ^ 大野目地区にあったヨークベニマル大野目店は、2017年閉店し、西隣の千歳地区に落合店として開業した。また国道13号線沿いにはヤマザワバイパス店があったが、2019年8月閉店。