釣川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
釣川
Kawabatai Weir on Tsurikawa River.JPG
福岡県道502号の川端橋付近から上流側
水系 二級水系 釣川
種別 二級河川
延長  16.3 km
平均流量 -- /s
流域面積 101.5 km²
水源 倉久山(福岡県)
水源の標高 223.9 m
河口・合流先 玄界灘(福岡県)
流域 福岡県
テンプレートを表示

釣川(つりかわ)は、福岡県宗像市を流れ玄界灘に注ぐ二級河川[1]。藁人形から変化した河童伝説があり「釣川の長太郎河童」のタイトルで、まんが日本昔ばなしで放映された。

地理[編集]

釣川は、宗像市南東部にあたる宗像市吉留倉久山(標高223.9m)を水源とし北西に流れ宗像市の中心部を流下し、宗像市神湊で玄界灘に注ぐ、流域面積101.5km2、幹線流路延長16.3km の二級河川である[1]。周辺部には、縄文時代弥生時代古墳等も多く、この川の堆積平野で古代文明が栄えたのであろうと思われる。福岡市博多区板付遺跡も比較的近い事からも、当時の稲作先進地域であったと考えられる。多礼ダム・大井ダム・吉田ダムが建設され、上水道として利用されている[1]

流域の自治体[編集]

福岡県
宗像市

支流[編集]

釣川は10の支流を持つ[1]

利水施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 釣川水系河川整備基本方針・平成23年3月、福岡県、{{{1}}} (PDF) 、2012年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]