金龍寺 (龍ケ崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金龍寺きんりゅうじ
Kinryu-ji (Ryugasaki).JPG
所在地 茨城県龍ケ崎市若柴町866
位置 北緯35度56分18.2秒 東経140度8分33.0秒 / 北緯35.938389度 東経140.142500度 / 35.938389; 140.142500座標: 北緯35度56分18.2秒 東経140度8分33.0秒 / 北緯35.938389度 東経140.142500度 / 35.938389; 140.142500
山号 太田山
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦如来
法人番号 8050005007739 ウィキデータを編集
金龍寺 (龍ケ崎市)の位置(茨城県内)
金龍寺 (龍ケ崎市)
テンプレートを表示

金龍寺(きんりゅうじ)は、茨城県龍ケ崎市にある曹洞宗の寺院。山号は太田山。本尊は釈迦如来

歴史[編集]

応永年間(1394 - 1428年)、新田貞氏が祖先(祖父とも)の新田義貞追善のため、上野国新田荘金山(現・群馬県太田市)に創建した。なお、元亨元年(1321年)に新田義貞が天真自性を開山として創建したとの別伝もある。

その後、新田氏の末裔で一族で新田金山城主であった由良国繁が天正18年(1590年)、常陸国牛久(茨城県牛久市)に転封されると寺も同地に移転した。現在地に移ったのは寛文6年(1666年)のことである。江戸時代には多くの末寺を有していた。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 絹本著色十六羅漢像

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 茨城県の地名』、平凡社、1982

外部リンク[編集]