金須嘉之進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金須 嘉之進
生誕 (1867-02-21) 1867年2月21日
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
死没 (1951-04-07) 1951年4月7日(84歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 演奏家、聖歌指揮者、作曲家

金須 嘉之進(きす よしのしん、1867年2月21日 - 1951年4月7日)は演奏家・聖歌指揮者・作曲家正教徒であり、聖名インノケンティ。主に日本正教会で聖歌の指導・聖歌の作曲等で活躍したほか、世俗の領域でも各種音楽教育に尽力した。リムスキー=コルサコフに師事。[1]弟子に古関裕而がいる。

略歴[編集]

[2]

作品[編集]

正教会聖歌[編集]

歌曲[編集]

大学歌・校歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典:藍川由美 「古関裕而を歌う」
  2. ^ 出典:中村理平『キリスト教と日本の洋楽』大空社、98頁 - 99頁

参考文献[編集]

  • 牛丸康夫著『日本正教史』日本ハリストス正教会
  • 中村理平『キリスト教と日本の洋楽』大空社
  • 金須嘉之進『ペトログラード音楽院の憶ひ出』 月刊楽譜第23巻3月号 54-56頁 昭和9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]