ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ソコロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ソコロフNikolay Alexandrovich Sokolov, 1859年3月26日1922年5月27日)はロシア作曲家サンクトペテルブルクの豪商ミトロファン・ベリャーエフの音楽サロン「金曜日(仏語で「レ・ヴァンドルディ」)」の一員としてロシア音楽史に名を残す。

ニコライ・リムスキー=コルサコフの高弟の一人で、ソコロフ自身もペテログラード音楽院ディミトリー・ショスタコーヴィチユーリ・シャポーリンらを輩出した[1]。少年時代のショスタコーヴィチは、寛大で温和なソコロフを恩師として慕い、その没後に、《管弦楽のための主題と変奏作品3をソコロフ追悼作品として完成させた[2], [3]

こんにち演奏される曲目は、サークル「金曜日」のためにリムスキー=コルサコフとその門弟たちが合作した、弦楽四重奏のためのいくつかの性格的小品があるにすぎないが、ピアノ曲や管絃楽曲として「ロシアの主題による変奏曲」のような作品もいくつか残している。

  • 弦楽五重奏曲 作品3(弦楽合奏のためのセレナーデ 作品3)
  • トルストイの「ドンファン」からの終幕の合唱 作品5
  • 女声のための合唱曲集 作品12(1892年出版)
  • ピアノのための変奏曲 作品25
  • ロシア民謡による弦楽四重奏のための変奏曲
  • 弦楽四重奏曲ヘ長調
  • 弦楽四重奏曲イ長調
  • 弦楽四重奏曲ニ短調
  • 弦楽三重奏曲ニ短調 作品45

(すべてベリャーエフ社より出版)

このほかに、楽理に関する著作も残している。

セルゲイ・ディアギレフは、アナトーリ・リャードフバレエ音楽火の鳥》を完成させられないと知るや、新たな候補にソコロフの名を思い浮かべたが、結局ストラヴィンスキーに打診したという、いかにもありがちな話が伝えられている。このエピソードは、スティーヴン・ウォルシュ著のストラヴィンスキー伝にも引用されている(しかし、2002年刊のPimlico版ではこのエピソードはカットされている)。

著作[編集]

  • Sokolov, N. LinkImitatsii na cantus firmus; posobie pri izuchenii kontrapunkta strogogo stilia. Leningrad: Izd. Gosudarstvennoi konservatorii. 1928.

参考文献[編集]

  • Walsh, Stephen. Stravinsky: A Creative Spring: Russia and France, 1882-1934. New York : A.A. Knopf, 1999. ISBN 0679414843.
  • Walsh, Stephen. Stravinsky: A Creative Spring: Russia and France, 1882-1934. London : Pimlico, 2002. ISBN 0712667237.

外部リンク[編集]