ユーリ・シャポーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーリ・アレクサンドロヴィチ・シャポーリン
生誕 (1887-11-08) 1887年11月8日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国グルホフ[1]
死没 (1966-12-09) 1966年12月9日(79歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
学歴 ペテルブルク音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家・音楽教師

ユーリ・アレクサンドロヴィチ・シャポーリンロシア語: Юрий Александрович Шапорин, 英語: Yuri Alexandrovich Shaporin; *1887年11月8日[1] フルヒフ - †1966年12月9日[1] モスクワ)はソビエト連邦作曲家・音楽教師。

生涯[編集]

画家の息子に生まれ、当初は自らも画家を志していた。さしあたってキエフ哲学を専攻するかたわら、初めて作曲の指導を受ける。1908年から1912年までサンクトペテルブルク法律学を修めた後、やっと1913年になってペテルブルク音楽院で作曲の学習にとりくむ。とりわけマクシミリアン・シテインベルクニコライ・チェレプニンの薫陶を受け、1918年に音楽院を卒業。その後はまずレニングラードでもっぱら劇場指揮者として活動した。モスクワに移住するのは1936年になってからで、1939年からモスクワ音楽院作曲科の教授に迎えられた。門下にはエフゲニー・スヴェトラーノフロディオン・シチェドリンらを擁している。

シャポーリンはソ連建国時から活躍した作曲家であり、スターリン賞を3度授与され、人民芸術家にも選ばれ、ソ連作曲家同盟の会員にも選ばれた。

作曲様式[編集]

シャポーリンの音楽言語はむしろ保守的であり、常に調性の枠組みの中で動いている。作品において重要な役割を果たしているのは、ロシアウクライナ民族音楽である。シャポーリンは、それらの要素をまさに体系的に作曲に活かす方法を心得ていた。したがってシャポーリンは、明白にロシアのロマン派的な国民楽派の伝統に位置付けられる。シャポーリンの模範はラフマニノフメトネルであった。抒情的でよどみない旋律を創り出す能力は、とりわけ強烈に表れており、シャポーリンにとって声楽曲の作曲は天性のものであった。しばしばシャポーリンの作品は、人間的で詩的で、心底ロシア的であると呼ばれている。シャポーリンがソ連当局と衝突することは全くなかった。こんにちシャポーリンはほとんど忘れられているものの、作曲手法の巧みな操作が特徴的な、よく考え抜かれたその作品は、再評価に値しよう。

作品一覧[編集]

管絃楽曲[編集]

  • 民族楽器とオーケストラのための組曲『蚤』(レスコフによる) op.8 (1928)
  • マヤコフスキーによる合唱交響曲 op.11 (合唱、吹奏楽、ピアノ、管弦楽のための) (1928-33)
  • 交響曲ホ短調 (1932/33)
  • 劇付随音楽(多数)
  • 映画音楽(約80点)

声楽曲[編集]

  • 歌劇《デカブリスト》(アレクセイ・トルストイ原作, 1920-53, 原題は『パウリーネ・ガイベル』)
  • 交響的カンタータ《クリコフの野戦》op.14 (アレクサンドル・ブローク原作, 1918-39)
  • 世俗オラトリオ《ロシアの地上戦の伝説》 op.17 (1943/44)
  • オラトリオ《どれだけの間コンドルは飛び廻るのか?》op.20 (アレクサンドル・ブローク原作, 1945-47, 改訂1963)
  • プーシキン歌曲集(ピアノ伴奏、管弦楽伴奏)
  • ブローク歌曲集(ピアノ伴奏、管弦楽伴奏)

ピアノ曲[編集]

  • ピアノ・ソナタ第1番 嬰ヘ短調 op.5 (1924)
  • ピアノ・ソナタ第2番 ロ短調 op.7 (1926)
  • ピアノ・ソナタ第3番 (1966, 未完成)
  • バラード op.28 (1959)

室内楽曲[編集]

文献[編集]

  • Мартынов И. Юрий Шапорин. — М.: Музыка, 1966

脚注[編集]

  1. ^ a b c ユーリー シャポーリン』 - コトバンク