金永煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金永熙から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 永煕
各種表記
ハングル 김영희
漢字 金永熙
発音: キム・ヨンヒ
ローマ字 Kim, Young-hie
テンプレートを表示

金 永煕(キム・ヨンヒ、1936年8月26日[1]-)は韓国ジャーナリストコラムニスト。元中央日報主筆慶尚南道居昌郡出身[2]

学歴[編集]

1975年ジョージ・メイソン大学哲学科を卒業、1988年ミズーリ大学ジャーナリズム学部で修士号を取得した。1995年には高麗大学校言論大学院にて最高位言論課程を修了した[3]

来歴[編集]

1958年韓国日報リポーターとして国際ニュースを担当して以来、一貫して国際問題の報道に取り組んできた。韓国日報在社中には韓国内でケネディ大統領暗殺事件スクープし、有名になる[4]

1965年、創立を翌月に控えた中央日報に入社し[5]1970年には外信部長、1971年にはワシントン特派員、1983年からは同社の主筆を務めた。その後関連会社に出向するため同社を離れたが、1995年から大記者(en:Editor-at-Large)として復帰した[4]

朝日新聞の元主筆である船橋洋一と親交を持つ[4]

脚注[編集]

  1. ^ 네이트 인물검색” (朝鮮語). SK Communications. 2011年4月9日閲覧。
  2. ^ Joins인물정보” (朝鮮語). Jcube Interactive. 2011年4月9日閲覧。
  3. ^ 김영희 (2006年3月17日). “제485회 21세기 장성 아카데미 최근 국제정세와 미국의 역할 (HWP)” (朝鮮語). 霊光郡. 2006年3月17日閲覧。
  4. ^ a b c Kim Han-byul (2008年11月22日). “50 years in journalism and counting [ジャーナリズム界で50年、そしてこれから]” (英語). 中央日報 (ソウル). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=2897651 2011年4月9日閲覧。 
  5. ^ 金永煕 (2011年4月8日). “Viewpoint: What makes a journalist? [ジャーナリストとしての資質とは]” (英語). 中央日報 (ソウル). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=2934523 2011年4月9日閲覧。 

著書[編集]

主著[編集]

訳著[編集]

外部リンク[編集]