金木銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社金木銀行(かなぎぎんこう)は、かつて青森県北津軽郡金木村(現・五所川原市)に存在した金融機関である。1938年8月、第五十九銀行に買収されるまで事実上津島家の個人銀行として存続した[1]

概要[編集]

『日本全国諸会社役員録 第25回』によれば、資本金は「5万円」、役員は「頭取・津島源右衛門、取締役・高橋彌左衛門、蛯名元太郎、野呂寅太郎、津島忠次郎」である[2]

『日本全国諸会社役員録 第38回』によれば、資本金は「25万円」、役員は「頭取・津島文治、取締役・高橋彌左衛門、蛯名元太郎、傍島柾之助、津島忠次郎、監査役鳴海周次郎、古川政孝」である[3]

歴史[編集]

はじめは、「津島商行」と呼ばれる小規模な金貨し機関にすぎなかった[1]1897年明治30年)7月、津島家は資本金1万円の「合資会社金木銀行」を設立した[1]1919年大正8年)、「株式会社金木銀行」に改称。1938年昭和13年)8月、第五十九銀行に買収された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『若き日の太宰治』30頁。
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録 第25回』616頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月21日閲覧。
  3. ^ 『日本全国諸会社役員録 第38回』297頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第25回』商業興信所、1917年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第38回』商業興信所、1930年。
  • 相馬正一『若き日の太宰治』筑摩書房、1968年。
  • 秋山耿太郎、福島義雄『津島家の人びと』筑摩書房、2000年。

関連項目[編集]