金木町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かなぎまち
金木町
廃止日 2005年3月28日
廃止理由 新設合併
五所川原市金木町市浦村五所川原市
現在の自治体 五所川原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
北津軽郡
団体コード 02382-5
面積 125.97km²
(境界未定部分あり)
総人口 10,557
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 青森市五所川原市つがる市
中里町蓬田村
町の木 ヒバ
町の花 サクラ
町の鳥 ヒバリ
金木町役場
所在地 037-0202
青森県北津軽郡金木町大字金木字朝日山323番地
外部リンク 金木町
座標 北緯40度54分9.4秒
東経140度27分43.3秒
金木町の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

金木町(かなぎまち)は、青森県の北西部、北津軽郡にかつてあったである。

太宰治吉幾三の出身地として知られ、津軽三味線の発祥地であり、地吹雪の体験ツアーや斜陽館などを観光資源にする町であったが、2005年3月28日に、五所川原市、市浦村と合併し、新市制による五所川原市となったため消滅した。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行にともない北津軽郡に以下の3村が成立。
    • 金木村 ← 金木村,川倉村,蒔田村,神原村,藤枝村
    • 嘉瀬村 ← 嘉瀬村,中柏木村,長富村,毘沙門村
    • 喜良市村 ← 喜良市村
  • 1920年大正9年)2月11日 - 町制施行。
  • 1955年(昭和30年)3月1日 - 嘉瀬村(大字毘沙門を除く)、喜良市村と合併し、新町制による金木町となる。
    • 嘉瀬村大字毘沙門は五所川原市へ編入。
  • 1956年(昭和31年)8月10日 - 旧嘉瀬村域、大字長富が五所川原市へ編入。
  • 2005年(平成17年)3月28日 - 五所川原市、北津軽郡市浦村と合併し、新市制による五所川原市となる。

経済[編集]

農業
『大日本篤農家名鑑』によれば金木村の篤農家は、「花田一色、柴田貢、今平次郎、高橋彌兵衛、津島惣助」などである[1]

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』453頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。

関連項目[編集]